検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ポイントでお得









SSL グローバルサインのサイトシール


e-クリニック


e-コメント

ビタミンDには2つある

2017/11/06(月)

ビタミンDの働きとして、体内のカルシウムバランスを調整したり、骨への吸収促進、免疫力UPやガンや糖尿病、自閉症の改善に有効と様々なところで活躍する栄養素です。

そのビタミンDには、D2からD7までの6種類(※1)あるのですが、D4~D7は食品に含まれる量はほとんどなく、その効果も低いため、一般的にビタミンDといえばD2(植物由来)とD3(動物由来)のことを指します。

ビタミンDは肝臓と腎臓で代謝されて活性型になる(※2)。
のですが、お医者さんが処方する医薬品の活性型ビタミンDで、一気に血中濃度が上昇する危険があるので使用には注意が必要です。


一方、サプリメントのビタミンD貯蔵型で副甲状腺ホルモンやCa濃度によってコントロールされ、必要に応じて腎臓で代謝されて活性型になります。


※1:D1は、D2を主成分とする混合物に対して誤って与えられた名称の為、現在は用いられません。
※2:日光に浴びない生活をしていると体内で活性型ビタミンDに変換されません。



VD1VD2








参考
健康情報サイトeコメント
厚生労働省「統合医療」情報発信サイト ビタミンD
国立がん研究センター 多目的コホート研究


戻る >> F’sコラム~栄養保険のすすめ


記事カテゴリー F'sコラム|Topic

ベースサプリ 現代人の必須アイテム 水素入浴の勧め



検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力


マルチビタミン・ミネラル

マルチビタミン・ミネラル

eクリニック独自配合のマルチビタミン。
水無しでも飲めるチュアブルタイプ。


オメガ3

オメガ3

吸収されやすいオキアミ由来の
リン脂質型オメガ3脂肪酸


プレバイオ

プレバイオ

腸内環境を整える
プロバイオティクス製品です。


未来入浴料AP

未来入浴料AP

体の外と内からお手入れ