検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ポイントでお得









SSL グローバルサインのサイトシール


e-クリニック


e-コメント

健康常識Quiz

Q80.3大栄養素であるタンパク質... 1日の摂取目安は5g/体重1kg??
Q80.3大栄養素であるタンパク質... 1日の摂取目安は5g/体重1kg??
3大栄養素であるタンパク質… 1日の摂取目安は5g/体重1kg??   No   ●タンパク質の摂取目安は…  1日に 1~2g / 体重1kg  (体重1 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q79.炭水化物から食物繊維を除いてものが「糖質」なの??
Q79.炭水化物から食物繊維を除いてものが「糖質」なの??
炭水化物から食物繊維を除いてものが「糖質」なの??    YES   【 炭水化物 ≒ 糖質 + 食物繊維 】「炭水化物」から「食物繊維」を除いたものが「糖質」です!!前回Q78. >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q78.食物繊維は栄養素なの??
Q78.食物繊維は栄養素なの??
食物繊維は栄養素なの??    YES   以前は必要ないといわれていた『食物繊維』ですが、さまざまな生理作用や体内で非常に重要な働きをすることが分かってきたために6番目の栄養素と >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q77.食事...夜遅くに食べても問題ない??
Q77.食事...夜遅くに食べても問題ない??
食事…夜遅くに食べても問題ない??    NO   夜遅くに食べることで太ること自体が定かではありません(*_*;どちらかといいますと・・・夜遅くに食べてしまうメニュー >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q76.そしゃく(咀嚼)は少ない方がよい??
Q76.そしゃく(咀嚼)は少ない方がよい??
そしゃく(咀嚼)は少ない方がよい??    NO   咀嚼 - 食物を細かくなるまでよく嚼(か)むこと。しっかりとよく噛めば健康になります!食べ物を体内へ取込むための一番最初の消化 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q75.瞑想は1日10~15分が効果的??
Q75.瞑想は1日10~15分が効果的??
瞑想は1日10~15分が効果的??    YES   マインドフルネス瞑想 - 心身を整える効果が高いと注目を集めています。 瞑想をすることにより、心が落ち着く効果が一番得られと言 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q74.ストレスはゼロにする方がよい?
Q74.ストレスはゼロにする方がよい?
ストレスはゼロにする方がよい?    NO   ストレスが慢性化すると心だけでなく身体へもさまざまな影響が及び不調となってあらわれてきますが、『適度なストレス』は、むしろ脳の働きを >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q73.温冷浴は「湯」と「水」を交互に繰り返し、最後は「湯」??
Q73.温冷浴は「湯」と「水」を交互に繰り返し、最後は「湯」??
  温冷浴は「湯」と「水」を交互に繰り返し、最後は「湯」??    NO   温冷浴とは、自律神経を刺激することにより、血管循環を促進し、新陳代謝を活発にします! 「湯」 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q72.理想的な睡眠を得るためにノンレム睡眠が一番重要??
Q72.理想的な睡眠を得るためにノンレム睡眠が一番重要??
   理想的な睡眠を得るためにノンレム睡眠が一番重要??    NO   睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠の2つのサイクルがあります。 ノンレム睡眠は、眠りにつくと初めにノ >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q71.人には24時間の生体リズムが備わっている??
Q71.人には24時間の生体リズムが備わっている??
   人には24時間の生体リズムが備わっている??    NO   人の生体リズムは約25時間です!! 1日24時間のリズムに乗るには、毎日のリセットが必要になります。リ >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q70.シフト勤務の方は、がんになりやすい?
Q70.シフト勤務の方は、がんになりやすい?
   シフト勤務の方は、がんになりやすい?    YES    「リズミカル」な毎日が病気を遠ざけます! 国際がん研究機関(IARC)*による発がん性の分類によると「日内 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q69.ビタミンB1は、積極的に摂らなくてもよい栄養素??
Q69.ビタミンB1は、積極的に摂らなくてもよい栄養素??
ビタミンB1は、積極的に摂らなくてもよい栄養素??   No ビタミンB1は、水に溶けやすく熱に弱い、水溶性のビタミンの為、摂りだめができないが、とりすぎによる副作用の心配もない。朝夕にバランスよく分 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q68.亜鉛が不足すると味覚異常が起こる??
Q68.亜鉛が不足すると味覚異常が起こる??
亜鉛が不足すると味覚異常が起こる??   Yes!!! 人間は舌の表面に約9000個の味蕾と呼ばれる組織で味覚を感じとっています。その味蕾の新陳代謝に亜鉛が深く関与しているため亜鉛不足が続くと味蕾が正 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q67.先進国では、いま栄養不足で問題になっている??
Q67.先進国では、いま栄養不足で問題になっている??
先進国では、いま栄養不足で問題になっている??   意外ですが・・・ Yes!!! 途上国では微量栄養素の摂取源そのものが不足し、これが隠れた飢餓の原因となっている一方で、先進国では、有り余る供給源に >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q66. ビオチン(ビタミンH)はお肌のビタミン??
Q66. ビオチン(ビタミンH)はお肌のビタミン??
ビオチン(ビタミンH)はお肌のビタミン??   Yes!!! ビオチンはビタミンHとも呼ばれており、この【 H 】がドイツ語で肌の意味をもつ「haut」の頭文字から来ています(*^-^*)ハリのあるお >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q65.ミネラルは体内で合成できる??
Q65.ミネラルは体内で合成できる??
ミネラルは体内で合成できる??   No!!! ミネラルは体内では合成できない栄養成分。そのため、体外から摂取しなければなりません。 このミネラルが最も多く蓄えられている場所は土壌「土」です!!「土」 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q64.腸内環境を整えることが健康の鍵である??
Q64.腸内環境を整えることが健康の鍵である??
腸内環境を整えることが健康の鍵である??   当然 Yes !! 腸は消化、栄養の吸収、排泄に加え、実に多くの大切な働きをしています。 体内のリンパ球の60%が集まっている最大の免疫器官であり、解毒を >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q63.腸内細菌で、合成されるビタミンがある??
Q63.腸内細菌で、合成されるビタミンがある??
腸内細菌で、合成されるビタミンがある??   Yes 腸内細菌は、何と、ビタミンB1、2、6、12そして、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ナイアシンというビタミンB群、さらにビタミンKを合成する能力を持 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q62.ナイアシンは、体内に最も多く存在するビタミンである??
Q62.ナイアシンは、体内に最も多く存在するビタミンである??
ナイアシンは、体内に最も多く存在するビタミンである??   Yes ナイアシンは、ビタミンB群の一種で「ニコチン酸」、「ニコチン酸アミド」の総称です。また、水溶性ビタミンの一種で「ビタミンB3」とも呼 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q61.ファイトケミカルは『第7の栄養素』ともいわれている??
Q61.ファイトケミカルは『第7の栄養素』ともいわれている??
ファイトケミカルは『第7の栄養素』ともいわれている??   Yes  ファイトケミカルは、野菜、果物、豆類、芋類や海藻などに含まれる色素や香り、アクなどの化学物質で『第7の栄養素』ともいわれており、抗 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q60.葉酸とは「ほうれん草」の葉から発見された??
Q60.葉酸とは「ほうれん草」の葉から発見された??
葉酸とは「ほうれん草」の葉から発見された??   Yes ビタミンB群の仲間で、ほうれん草の葉から発見され 『葉酸』 と名付けられました。由来から葉物の野菜に含まれていると思われがちですが、レバーや動 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q59.骨密度を上げるにはカルシウムだけを摂ればいい
Q59.骨密度を上げるにはカルシウムだけを摂ればいい
骨密度を上げるにはカルシウムだけを摂ればいい   No カルシウムは骨の形成に関わっているので積極的にとりいれることはとても良いですが、ビタミンDと一緒にとるとさらに吸収率がアップします。  >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q58.ビタミンDは、太陽光線に当たることでコレステロールを材料に紫外線によって皮膚でも合成される??
Q58.ビタミンDは、太陽光線に当たることでコレステロールを材料に紫外線によって皮膚でも合成される??
ビタミンDは、太陽光線に当たることでコレステロールを材料に紫外線によって?? Yes ビタミンDは、脂溶性のビタミンで魚介類やきのこなどに含まれるが日光に当たることで皮膚でも合成される。 植物性食品に >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q57.ビタミンDは、カルシウムなどのミネラルの代謝や恒常性の維持、骨の代謝に関係している?
Q57.ビタミンDは、カルシウムなどのミネラルの代謝や恒常性の維持、骨の代謝に関係している?
ビタミンDは、カルシウムなどのミネラルの代謝や恒常性の維持、骨の代謝に関係している?? Yes ビタミンDは、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進し、骨組織においてビタミンDは、甲状腺から分泌され >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q56.糖質や脂質のエネルギー変換にはビタミンB1が大きく関わっている??
Q56.糖質や脂質のエネルギー変換にはビタミンB1が大きく関わっている??
糖質や脂質のエネルギー変換にはビタミンB1が大きく関わっている?? Yes ビタミンB1は、糖質や脂質のエネルギー変換に大きく関わっています。糖質や脂質は人間の生命活動に不可欠なエネルギー源です。ビタ >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q55. ビタミンKは、骨粗しょう症予防のためには、摂った方が良い??
Q55. ビタミンKは、骨粗しょう症予防のためには、摂った方が良い??
ビタミンKは、骨粗しょう症予防のためには、摂った方が良い?? No H25年の国民健康・栄養調査によれば、男性平均 227μg/日 女性平均 213μg/日と、目安量を充たしている(日本人の食事摂取基 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q54.ビタミンB1は豚ヒレ肉・うなぎに多く含まれている??
Q54.ビタミンB1は豚ヒレ肉・うなぎに多く含まれている??
ビタミンB1は豚ヒレ肉・うなぎに多く含まれている?? Yes ビタミンB1の必要摂取量は成人男性で1.5~1.2mg女性は1.3mg~0.9mgですが多く摂取しても水溶性ビタミンですので尿と一緒に排泄 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q53.ビタミンB2は、皮膚や粘膜の発育や機能維持と深いかかわりがある??
Q53.ビタミンB2は、皮膚や粘膜の発育や機能維持と深いかかわりがある??
ビタミンB2は、皮膚や粘膜の発育や機能維持と深いかかわりがある?? Yes ビタミンB2は、成長を促進し、細胞の再生やエネルギーの産出を助け、補講素として脂質や糖質の代謝にかかわり、健康な皮膚や髪、爪 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q52.不飽和脂肪酸のEPAとDHAは・・・??
Q52.不飽和脂肪酸のEPAとDHAは・・・??
不飽和脂肪酸のEPA(イコサペンタエン酸)とDHA (ドコサヘキサエン酸)は、どちらも魚油の成分に含まれており、EPAは血栓を予防し、DHAは視力に関係する?? Yes EPAはイワシやサバ、サンマな >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q51.便秘を解消するには便秘薬が一番効果的??
Q51.便秘を解消するには便秘薬が一番効果的??
便秘を解消するには便秘薬が一番効果的だ??   No 便秘は老若男女を問わず、誰もがなる可能性があります。便秘は、腸の免疫力が落ちているためですので薬で治すよりも免疫力を上げることで改善しま >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q50.アルツハイマーの予防にクルクミンが効果ある??
Q50.アルツハイマーの予防にクルクミンが効果ある??
アルツハイマーの予防にクルクミンが効果ある??   Yes クルクミンとは、ショウガ科の多年草、秋ウコン(ターメリック)に含まれる有効成分(黄色い色素;ポリフェノール)です。 カレーの香辛料や色素とし >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q49.食事に気をつけていてもビタミン剤は摂った方がいい?
Q49.食事に気をつけていてもビタミン剤は摂った方がいい?
食事に気をつけていてもビタミン剤は摂った方がいい? Yes 現代の食生活を考えると、野菜に含まれるビタミンやミネラルの微量栄養素は過去に比べかなり少なくなっています。 しかも糖質や脂質の摂取が増え、カ >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q48.人によっては不要な栄養素がある??
Q48.人によっては不要な栄養素がある??
栄養素はそれぞれの形態や果たす役割も人によって異なる為、人によっては不要な栄養素(ビタミン、ミネラル等)がある。  No すべての種類の栄養素が人の体には必要で、ほんの微量の栄養素が体内の各器官に影響 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q47.必須脂肪酸のオメガ6系とオメガ3系はどちらも積極的に摂る方がよい??
Q47.必須脂肪酸のオメガ6系とオメガ3系はどちらも積極的に摂る方がよい??
必須脂肪酸のオメガ6系とオメガ3系はどちらも積極的に摂る方がよい?? No  脂肪酸は大きく分けて必須脂肪酸とそうでない脂肪酸にわけることができます。 さらに必須脂肪酸はオメガ6系とオメガ3系に分ける >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q46.ビタミンCには、水溶性と脂溶性の2種類がある?
Q46.ビタミンCには、水溶性と脂溶性の2種類がある?
ビタミンCには、水溶性と脂溶性の2種類がある? Yes ビタミンCは、皆様もご存知の通り水溶性のビタミンで野菜や果物から体に取り込まれても、長く体内に留まることができず、多くは2-3時間で尿として体外 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q45.ビタミンCは、体内で作られるので積極的に摂らなくてもよい?
Q45.ビタミンCは、体内で作られるので積極的に摂らなくてもよい?
ビタミンCは、体内で作られるので積極的に摂らなくてよい? No 圧倒的に大多数の哺乳類・鳥類・爬虫類は肝臓か腎臓でビタミンCを作ることができます。 しかし、人や霊長類は作ることができません。これは一つ >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q44.「加齢臭」や「疲労臭」は、ウコンが有効?
Q44.「加齢臭」や「疲労臭」は、ウコンが有効?
「加齢臭」や「疲労臭」は、ウコンが有効? Yes 加齢臭やワキガなど、体臭にかかわる悩みを持っておられる方が多いのではないでしょうか? その中でも最近、多くなっているのが「疲労臭」。 大きな原因は、疲 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q43.毎日、マルチビタミンとビタミンDを摂ることが、健康増進につながる?
Q43.毎日、マルチビタミンとビタミンDを摂ることが、健康増進につながる?
毎日、マルチビタミンとビタミンDを摂ることが、健康増進につながる? Yes いま、世界中で食の指針として多くの人たち(特に医師たち)が参考にしているHSPH(ハーバード公衆衛生大学院)が推奨する『健康 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q42.腸内フローラを整えることで血糖値が下がる??
Q42.腸内フローラを整えることで血糖値が下がる??
腸内フローラを整えることで血糖値が下がる?? Yes 腸の中には約100兆個以上の腸内細菌がすみついています。=腸内フローラ   近年、腸内細菌のさまざまな働きが解明しつつありますが、そのう >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q41.マルチビタミンとプロバイオミンを一緒に摂る方がトクサク?
Q41.マルチビタミンとプロバイオミンを一緒に摂る方がトクサク?
マルチビタミンとプロバイオミンを一緒に摂る方がトクサク? Yes   ストレス、睡眠不足、乱れた食生活で腸内フローラの悪玉菌が増加! 悪玉菌が増えすぎると、硫化水素やアンモニアなどの有害物質 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q40.米国では医師や薬剤師等を通さないと入手できないサプリがある??
Q40.米国では医師や薬剤師等を通さないと入手できないサプリがある??
米国では医師や薬剤師等を通さないと入手できないサプリがある?? Yes  サプリメント先進国である米国では、医師や薬剤師など医療専門家を通してだけ入手できる特別なサプリメントがあります。このような分類 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q39.クルクミンは1日に約30mg摂れば十分である??
Q39.クルクミンは1日に約30mg摂れば十分である??
クルクミンは1日に約30mg摂れば十分である?? No  クルクミン(ウコン)に1日の摂取量に基準はないのですが、国際連合(国連)の食糧農業機関(FAO)および世界保健機構(WHO)の合同会議は、1日 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q38.コレステロールを多く含む食品(卵、イクラなど)は摂らないほうがいい??
Q38.コレステロールを多く含む食品(卵、イクラなど)は摂らないほうがいい??
コレステロールを多く含む食品(卵、イクラなど)は摂らないほうがいい?? No 皆さんはコレステロール=体に悪い!!とイメージがあるかもしれませんが コレステロールは動物の体をつくる脂肪の一種で、性ホル >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q37.血管年齢が若くなる油がある??
Q37.血管年齢が若くなる油がある??
血管年齢が若くなる油がある?? Yes 『血管年齢』が若くなる油、老ける油があります。血管も血液も、もちろん加齢と共に老化していきます。硬くなった血管、ドロドロになった血液と言えばご理解しやすいでしょ >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q36.骨を強くするためには、たくさん牛乳を摂るとよい??
Q36.骨を強くするためには、たくさん牛乳を摂るとよい??
  骨を強くするためには、たくさん牛乳を摂るとよい??   No   「カルシウムを摂るなら牛乳」と コマーシャルなどでイメージが出来上がっていますが 牛乳に含まれるカル >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q35.野菜の色は、濃ければ濃いほど栄養が多い??
Q35.野菜の色は、濃ければ濃いほど栄養が多い??
  野菜の色は、濃ければ濃いほど栄養が多い??   Yes   野菜の色素成分にはさまざま健康効果が期待できるので、色の濃い野菜ほど栄養価が高いと言えます。 野菜は太陽を >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q34.「オリゴ糖」は、腸内の善玉菌を増やす??
Q34.「オリゴ糖」は、腸内の善玉菌を増やす??
  「オリゴ糖」は、腸内の善玉菌を増やす?   Yes   「オリゴ糖」は健康食品やヨーグルト、ダイエット食品の甘味料として用いられています。 「オリゴ糖」は人の消化酵素 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q33.食物繊維は本当に便秘に効く??
Q33.食物繊維は本当に便秘に効く??
  食物繊維は本当に便秘に効く??   Yes   食物繊維が便秘に効くことはよく知られています。お通じが良くなることで腸内環境もよくなります。 食物繊維=「人の消化酵素 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q32.サプリメントは食事の後に摂る方がいい??
Q32.サプリメントは食事の後に摂る方がいい??
  サプリメントは食事の後に摂る方がいい?? Yes    サプリメントは、医薬品ではありませんので、あまり神経質になることはありませんが栄養の吸収・胃腸への負担を考えて食事の後に >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q31.オメガ3脂肪酸は、認知症・高血圧にも効果がある?
Q31.オメガ3脂肪酸は、認知症・高血圧にも効果がある?
  オメガ3脂肪酸は、高血圧・認知症にも効果がある?  Yes    オメガ3脂肪酸は、細胞膜の柔軟性や血液の流動性に関わっていますので、高血圧(正常な血圧の維持)に効果があるのは >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q30.ビタミンやミネラルは多く摂ったほうがいい?
Q30.ビタミンやミネラルは多く摂ったほうがいい?
ビタミンやミネラルは多く摂ったほうがいい? No 単体ずつをそれぞれ大量に摂っても効果は上がりません。すべての栄養素に最適なバランスがあります。また、日本人に適したバランスのものを摂るのが良いです。ヨ >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q29.ビタミンCやビタミンEだけを単体のサプリメントで補っても意味が無い?
Q29.ビタミンCやビタミンEだけを単体のサプリメントで補っても意味が無い?
ビタミンCやビタミンEだけを単体のサプリメントで補っても意味が無い? Yes 市場にはビタミンC、ビタミンEなどのサプリメント製品が多く出回っていますが、ビタミンCだけを摂っている・・・ビタミンEだけ >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q28.免疫力を上げるためには腸内環境の善玉菌だけを増やせば良い?
Q28.免疫力を上げるためには腸内環境の善玉菌だけを増やせば良い?
免疫力を上げるためには腸内環境の善玉菌だけを増やせば良い? No 腸内環境を正常に保つ為に、悪玉菌よりも善玉菌を優勢にしておくことが大事ではあることは周知のとおりですが では、善玉菌だけが増えれば良い >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q27.美肌と腸内環境には密接なつながりがある?
Q27.美肌と腸内環境には密接なつながりがある?
美肌と腸内環境には密接なつながりがある? Yes ストレスや睡眠不足、乱れた食生活で肝臓が疲弊し、腸内フローラの悪玉菌が増加します。 悪玉菌が増えすぎると腸内に残った食べカスなどが腐敗し、硫化水素やア >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q26.必要な栄養素はスーパーフードを積極的に摂っていれば充分である?
Q26.必要な栄養素はスーパーフードを積極的に摂っていれば充分である?
必要な栄養素はスーパーフードを積極的に摂っていれば充分である? No スーパーフード(スピルリナ アサイー カカオ ココナッツ チアシードなど)とは、 一般の野菜や果物よりビタミン、ミネラル、アミノ酸 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q25.脂肪(脂質)は、肥満の原因となるので出来るだけ摂らないほうがよい?
Q25.脂肪(脂質)は、肥満の原因となるので出来るだけ摂らないほうがよい?
脂肪(脂質)は、肥満の原因となるので出来るだけ摂らないほうがよい? No 三大栄養素(糖質・タンパク質・脂質)のひとつである脂質を全く摂らないというわけにはいきません。過剰摂取やよくない脂質を摂取して >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q24.野菜ジュースを摂れば全ての栄養成分をまかなえる?
Q24.野菜ジュースを摂れば全ての栄養成分をまかなえる?
野菜ジュースを摂れば全ての栄養成分をまかなえる? No 野菜ジュース(トマトジュースやニンジンジュース、青汁など)ではビタミン・ミネラルを摂ることはできますが、オメガ3とプロバイオティクスが摂れません >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q23.ふつうの食事を摂れば栄養は十分足りている?
Q23.ふつうの食事を摂れば栄養は十分足りている?
ふつうの食事を摂れば栄養は十分足りている? No 残念ながら答えはNOです。 食事に気をつけている方もいらっしゃるでしょうが日本人の食生活は欧米化に伴いなべて糖質過多の栄養素不足です。 健康を保つには >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q22.ウコンは肝臓にいい。お酒を飲む人だけが摂るサプリだ
Q22.ウコンは肝臓にいい。お酒を飲む人だけが摂るサプリだ
ウコンは肝臓にいい。お酒を飲む人だけが摂るサプリだ No  お酒を飲む人だけが摂るサプリメントにするのはもったいない!! 確かに 「ウコン」といえば二日酔いの予防への効能が有名ですが、それは【秋ウコン >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q21.春ウコンと秋ウコンの成分は同じである?
Q21.春ウコンと秋ウコンの成分は同じである?
春ウコンと秋ウコンの成分は同じである? No  ≪春ウコンと秋ウコンは全く違うもの≫ ウコンと言われているものは、世界には50種類以上、東南アジアだけでも30種類以上あります。 中でも日本でよく知られ >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q20.ビタミンDには、カルシウムの吸収や骨や血液中のミネラル濃度を調整する働きがある?
Q20.ビタミンDには、カルシウムの吸収や骨や血液中のミネラル濃度を調整する働きがある?
ビタミンDには、カルシウムの吸収や骨や血液中のミネラル濃度を調整する働きがある? Yes ビタミンDは、 ①肝臓や腎臓で活性型ビタミンDに変身し、体内に取り込まれたカルシウムやリンの吸収を助けます。② >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q19.ミネラルは重要な栄養素なので出来るだけたくさん摂ったほうがいい?
Q19.ミネラルは重要な栄養素なので出来るだけたくさん摂ったほうがいい?
ミネラルは重要な栄養素なので出来るだけたくさん摂ったほうがいい? No 不足も問題ですが、実は摂りすぎも問題です。やはり、なにごとも適度なバランスが大切なのです。 特に日本人は、普段の食事でヨウ素(ヨ >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q18.湯船に浸かるだけの「水素風呂」は本当に効果がある?
Q18.湯船に浸かるだけの「水素風呂」は本当に効果がある?
湯船に浸かるだけの「水素風呂」は本当に効果がある? Yes さまざまな疾患や老化、肌トラブルを誘発するとされている活性酸素を体内から除去してくれるという水素は、美容業界のみならず医療分野からも高い注目 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q17.乳酸菌などのプロバイオティクスは生菌でないと効果がない?
Q17.乳酸菌などのプロバイオティクスは生菌でないと効果がない?
乳酸菌などのプロバイオティクスは生菌でないと効果がない? No プロバイオティクス製品の代表選手・乳酸菌ですが、実は、乳酸菌という名前の微生物(細菌)がいないことは意外に知られていません。糖類を発酵し >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q16.果物は、ジュースにして摂るのがベスト?
Q16.果物は、ジュースにして摂るのがベスト?
果物は、ジュースにして摂るのがベスト? No あれ!?果物をジュースにして摂るのはよくないとは意外ですよね。 果物の摂取と糖尿病の因果関係の研究報告が2013年にハーバード大学公衆衛生学教室が発表した >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q15.オキアミ由来の「クリルオイル」とは最近話題のリン脂質結合型のオメガ3である?
Q15.オキアミ由来の「クリルオイル」とは最近話題のリン脂質結合型のオメガ3である?
オキアミ由来の「クリルオイル」とは最近話題のリン脂質結合型のオメガ3である? Yes オキアミ由来の「クリルオイル」は、リン脂質結合型のオメガ3です。   ベースサプリメントとしてもお馴染み >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q14:「腸内フローラ」とは最近話題になっているサプリメント製品のひとつである?
Q14:「腸内フローラ」とは最近話題になっているサプリメント製品のひとつである?
「腸内フローラ」とは最近話題になっているサプリメント製品のひとつである? No 簡単でしたかね(笑)サプリメント製品ではありません。 ヒトの小腸から大腸にかけては腸内細菌がびっしりと敷き詰められている >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q13:「オプティマルヘルス」とは、今欧米で流行っているダイエット法である。
Q13:「オプティマルヘルス」とは、今欧米で流行っているダイエット法である。
「オプティマルヘルス」とは、今欧米で流行っているダイエット法である。 No オプティマルヘルスとは、健康は自分でつくるという考え方に立ち積極的に健康づくりに励むという発想から、「病気ではないのが健康で >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q12:チョコレートは、元々は薬だった??
Q12:チョコレートは、元々は薬だった??
チョコレートは、元々は薬だった??   Yes   どのお店でも当たり前に手軽に買え、その美味しさを楽しめる「チョコレート」ですが、いつ頃から食べるようになったのでしょうか? その >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q11:マスクは風邪・インフルエンザに有効である??
Q11:マスクは風邪・インフルエンザに有効である??
マスクは風邪・インフルエンザに有効である??   Yes 残念ながらマスクはインフルエンザウィルスを通してしまいますが、マスクをすることにより鼻粘膜に保湿効果と保温効果が期待できます。 結果 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q10:ビタミンB2は、脂質代謝に働くためダイエットにも有効なビタミンである。
Q10:ビタミンB2は、脂質代謝に働くためダイエットにも有効なビタミンである。
ビタミンB2は、脂質代謝に働くためダイエットにも有効なビタミンである。   Yes ビタミンB2は、水溶性のビタミンなので毎日摂取したい。ビタミンB2が不足するとまず唇、舌、目などの粘膜にト >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q9:ファイトケミカルの1つであるヘスペリジンは、ビタミンCとの相性がいい?
Q9:ファイトケミカルの1つであるヘスペリジンは、ビタミンCとの相性がいい?
ファイトケミカルの1つである「ヘスペリジン」は、ビタミンCとの相性がいい? Yes  ビタミンCは非常にデリケートで壊れやすく、なかなか単独では本領を発揮することができませんが、ヘスペリジンは壊れやす >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q8:身体にいいとされるポリフェノール(類)を一番多く含む飲み物は?
Q8:身体にいいとされるポリフェノール(類)を一番多く含む飲み物は?
身体にいいとされるポリフェノール(類)を一番多く含む飲み物は?①  赤ワイン ② 野菜ジュース ③ コーヒー ④ 緑茶 ③ コーヒー 「赤ワイン」や「緑茶」と思った方も多いのではないでしょうか?しかし >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q7:ナイアシンは、二日酔いの元になるアセトアルデヒドを分解する。
Q7:ナイアシンは、二日酔いの元になるアセトアルデヒドを分解する。
ナイアシンは、二日酔いの元になるアセトアルデヒドを分解する。   Yes ナイアシン(Niacin) は、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3 ともいい、糖質・脂質・タンパク質 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q6:生きた乳酸菌を摂った方が腸内環境のためにはいい・・・
Q6:生きた乳酸菌を摂った方が腸内環境のためにはいい・・・
生きた乳酸菌を摂った方が腸内環境のためにはいい・・・   No   腸内の「悪玉菌」が増えると腸内の腐敗が進み「下痢」や「便秘」の原因になる「善玉菌」を増やせば腸が健康になる、「乳 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q5:オキアミ由来のオメガ3の方が吸収されやすい??
Q5:オキアミ由来のオメガ3の方が吸収されやすい??
   オキアミ由来のオメガ3の方が吸収されやすい?? Yes オキアミ由来のオメガ3はリン脂質型オメガ3です。いっぽう、従来の魚油由来のオメガ3はトリグリセリド型オメガ3なのです。 どう違うかと言うと >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q4:生命を維持するには、体を動かすエネルギー源である三大栄養素・・・・
Q4:生命を維持するには、体を動かすエネルギー源である三大栄養素・・・・
 生命を維持するには、体を動かすエネルギー源である三大栄養素「糖質、脂質、たんぱく質」さえ摂っておけば大丈夫。  No 人が生命を維持するためには体を動かすエネルギー源になる糖質、脂質、たんぱく質の三 >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q3:最近ウコン入りの飲料を街でよくみかけるが、身体にいいので積極的に摂ったほうがいい
Q3:最近ウコン入りの飲料を街でよくみかけるが、身体にいいので積極的に摂ったほうがいい
最近ウコン入りの飲料を街でよくみかけるが、身体にいいので積極的に摂ったほうがいい   No ウコンにはクルクミンと言われる成分が含まれており、脂溶性です。脂と一緒に摂取すると吸収されやすくな >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q2:コラーゲンを生成するにはビタミンCが必要である。
Q2:コラーゲンを生成するにはビタミンCが必要である。
 コラーゲンを生成するにはビタミンCが必要である。  Yes コラーゲンの原料はたんぱく質のもとであるアミノ酸です。 アミノ酸は酵素の助けを借りて、体内でコラーゲンを作りますが、ビタミンCはその酵素の >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
Q1:理想的な栄養補給は・・・
Q1:理想的な栄養補給は・・・
人に必要な理想的な栄養補給は、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく摂取することである。 Yes 人の体は外部から栄養素を補給しなければ生命を維持していけない仕組みになって >>
記事カテゴリー 健康常識Quiz
  • Q81.3大栄養素の脂質(脂肪酸)・・・たくさん摂った方がよい??
    Q81.3大栄養素の脂質(脂肪酸)・・・たくさん摂った方がよい??
    3大栄養素の脂質(脂肪酸)・・・たくさん摂った方がよい??   No   脂質(脂肪酸)は大きく2つに分かれ、その中でも下記の脂肪酸を摂るのが理想です。 不飽和脂肪酸(常温で固まら >>
    記事カテゴリー 健康常識Quiz>クイズ原稿


  • 検索条件

    商品カテゴリから選ぶ
    商品名を入力